不動産を早めに手放す?

相続した実家の不動産を早めに手放す。

これ、実は現実にかなり多く起きている現象です。

不動産と言えども、その資産価値は増減があります。

通常は建物自体の築年数などにより資産価値は目減りすることが多いのですが、それに加えてこれからの日本は「土地が余る時代」だと言われております。

高齢者社会が進み、地方都市では多くの土地建物が手つかずになっていることをよくニュースなどでもご覧になっているはずです。

住んでいた方が亡くなると、その家にはもちろん誰も住まないことになります。ましてや遠方の場合にはそこに出向くことも少ないはずです。

ですが解体するにも費用がかなりかかりますし、更地にしたとしても必ず売れるという保証はありません。

そのまま相続して資産として持ち続ければ、固定資産税などの費用もかかりますし、実際「お荷物状態」の実家も多く見かけます。

ですので、早い段階で不動産の資産価値を知り、相続と同時のタイミングで早く手放す方が増えているのも頷けます。

コメントは受け付けていません。