相続税が変わる

平成25年度税制改革で「相続税」がいわゆる「実質増税」されます。注目されているのが、「基礎控除の大幅引き下げ」です。これまで相続税とは無関係だった方も、これからは相続税対策が必要になる方が増えると予想されます。まず内容について記載します
相続税の基礎控除が縮小されます。平成27年1月1日以後の相続から適用になります。

現行 5000万円+1000万円×法定相続人の数
改正後 3000万円+600万円×法定相続人の数

 

相続税は亡くなられた方の全ての財産にかかるものではありません。正味相続財産である課税価格から基礎控除額を差し引いたものに対してかかるものです。言葉を変えるなら相続財産が基礎控除額以下なら相続税はかからないのです。

上記の改正内容を例を挙げて説明しましょう。

 

妻と子二人の家庭における例

現行 合計3人なので基礎控除額は8千万円。相続財産が8千万円以下なら相続税はかかりませんでした。
改正後 基礎控除額は4千8百万円に変わりますので、土地や家屋等の資産を持っている方の相続では、かなり該当者が増えることになります。

上記のように改正されますので、東京などの大都市にマイホームなどを持っている方の相続では、かなり該当者が増えると予想されます。

相続税の税率がアップします。

相続税の税率が引上げられます。下記相続税の速算表の2億円超部分が45%に、6億円超部分が55%になります。遺産額から基礎控除を引き、法定相続分で分けた後に、税率を乗じますので遺産額がかなり大きい人が対象です。こちらも、平成27年1月1日以後の相続から適用になります。

相続税の減産表

法定相続人の取得価格 現行 改正後
税率 控除額 税率 控除額
1,000万円以下 10% 0 10% 0
1,000万円以上 3,000万円以下 15% 50万円 15% 50万円
3,000万円以上 5,000万円以下 20% 200万円 20% 200万円
5,000万円以上 1億円以下 30% 700万円 30% 700万円
1億円以上 2億円以下 40% 1,700万円 40% 1,700万円
2億円以上 3億円以下 45% 2,700万円
3億円以上 6億円以下 50% 4,700万円 50% 4,200万円
6億円以上 55% 7,200万円

コメントは受け付けていません。