価格の目減り

不動産の価格は「目減り」がある?

一般的に、不動産はいざというときに売却することの出来る財産で、資産価値が高いというのが通説でした。

しかし、バブルの崩壊後みるみるうちに不動産価値は下落し、さらには人口が減少している現在、全国的にみると不動産は供給過剰となっています。加えて、住宅地といわれる地域にある不動産は、数年後には百万単位で価格が下がってしまうことも珍しい話ではありません。

またマンションの場合も、年数が30年を超える物件では、新耐震の条件をクリアできていない場合や、マンション全体の配管の老朽化などで、見えない価値が年々下がってきています。

現在、全国に住人がいない「空き家」は820万戸あると言われています。相続はしたものの、どうすることも出来ず、放置された空き家が増えているのです。増加する「空き家問題」に、総務省も対策に乗り出しています。

 

 

コメントは受け付けていません。