遺産相続・ホームパックで安心

ご両親が不動産等を所有していたら必ず発生

それが「遺産相続」です。

相続を巡る法律も近年変遷を遂げ、これからはもっと重要なことと認識する必要性が高まりつつあります。

既に実家の不動産を相続されている方から、今後相続する予定がある方まで、皆様に「遺産相続」をしっかりと認識して頂き、訪れるであろう問題を解決し、より素晴らしい人生を歩んでいただくため「ホームパック」を開設いたしました。

遺産相続時には色々な手続きと、その分配方法、その後の活用方法を考えなくてはなりません。

既に実家の不動産を相続されている方の中には、「手つかずで何も考えていない」、「通常の生活が忙しくて相続した不動産を放置している」というお声をよく伺います。

また、これから実家の不動産を相続予定の方は「何がどうなるのかさっぱりわからない」、「どのように相続されるのかがわからない」、「その後の活用については、その時になってみないとわからない」などと言うお声を伺います。

ホームパック®で相続に特化した不動産売買を

yoshidaこれまで遺品整理の現場に立ち会う中で、相続した不動産によって、様々な問題に直面するご遺族に出会い次のような相談を受ける事が多くなりました。

・「親が亡くなって相続した実家を売却したいが、遠隔地のため地元の安心して任せられる業者がわからない」

・「相続した不動産を至急売却して、遺産分割協議を終わらせたい」

・「相続税が支払えないので、不動産を売って税金にあてたい」

・「借地に建っているので、更地にして地主に返さなければならない」

・「不動産を相続したが、建物を解体して駐車場等の収益物件にしたい」

・「空き家になった親の家をリフォームして、賃貸物件として活用したい」

・「親が亡くなると誰も住まなくなるがどうしたら良いか相談にのってほしい」

・「いわゆる『事故物件』なので売却可能か、売却に際する注意点を教えてほしい」

親と離れて暮らしていたお子さんにとって、親が亡くなったことで空き家となってしまった遠隔地にある親の家の活用や処分がうまくいかず、頭を抱える問題となってしまっている様子を垣間見てきたのです。

相談に乗るうちに、私は「親の家」もまた「遺品」であることに気づかされました。親が亡くなって空き家になった不動産も遺品であるならば、その売買や活用、売却のお手伝いも「すべてお受けできるようにしよう」と考えたのです。そして、創設したのが「ホームパック®」です。

「ホームパック®」(担当会社は「キーパーズESP」)は、「相続不動産の売買」を専門におこなう会社であり、相続した不動産の売買や活用についてご相談いただけます。

全国直営のキーパーズグループ独自ネットワークの地元の信頼できる不動産会社により全国どちらの地域でも地元目線のサービスを提供させて頂く事が出来ます。

 

将来的に親が住んでいる家が空き家になることが想定できるばあいは、親が健在のうちに親子で話し合い、家の活用や処分についての方向性を共有しておくべきです。

そうしておけば、実際に相続が発生しても慌てなくなくてすみます。

そのためにも、今のうちに不動産の価値を知っておくことや相続税がどれほどかかるかを把握しておくことが大切です。

それがわかれば、どう相続するのかといった判断基準にもなるはずです。

「ホームパック®」では、無料で不動産の価格査定をおこなうサービスも提供しています。

 

相続をしたあなたには、親の家がもれなくついてきます。

しかし、その為に今まで必要なかった出費が発生するかもしれないことを忘れないでください。そいれなら売ろうと考えても、びっくりするような安い価格か、ただでも貰い手のつかないという現実に直面して、税金が払えず、自分の持ち家を売らないといけないという人もいるのです。

ホームパック 代表 吉田太一

Comments are closed