相続に関わる手続き集

相続放棄の手続きは種類が多く存在

被相続人が亡くなられた場合、「社会保険・年金・預貯金・不動産・株式」などの名義変更が必要になってきますので、ここでは、その名義変更手続きの方法や、必要書類等をまとめています。

 

各種手続き一覧

  •  社会保険・年金の手続き
    被相続人が亡くなられた場合、「社会保険・年金」の手続きを行わなければなりません。
  • 銀行預金の名義変更
    銀行は預金者(被相続人)が死亡したことを知った時点で、「預貯金講座の凍結」を行いますので、相続人は「名義変更」の手続きを行わなければなりません。
  • 不動産の所有権移転登記
    遺産分割がまとまった場合には、相続を登記原因とする不動産の名義変更、「不動産の所有権移転登記」をしなければなりません。
  • 株式の名義変更
    被相続人が「上場株式」を所有している場合、「株式の名義変更」、取引口座の名義変更をしなければなりません。
  • 生命保険金の請求方法
    被相続人が生命保険に加入していた場合は、「死亡保険金の受取人に指定されている者」が保険会社に保険金を請求することとなります。

Comments are closed